沿革

NSSB建材株式会社の沿革

1947年(昭和22年)
6月(創業)
明治鉱業(炭坑経営会社)の商事部門が分離され、明治興産株式会社を設立。住友金属の鋼管特約店となる。
1977年(昭和52年)
6月
住金物産株式会社が経営に参加し、役員派遣及び当社株式を保有を開始。
1989年(平成元年)
6月
前身である明治興産株式会社の営業権譲渡を受け、明興株式会社を設立。
2001年(平成13年)
11月
明興株式会社の社名を住金物産建材株式会社に変更。
2013年(平成25年)
10月
 社名をNSSB建材(株)に変更。

 
富岳物産株式会社の沿革

1969年(昭和44年)
10月
富士三機鋼管(株)の協力により、同社の指定加工工場であった(株)宝永工機の鋼管加工製品の販売を主な目的として設立。
1971年(昭和46年)
4月
新日本製鐵(株)および日鐵建材工業(株)の特約店の指定を受け、新日本製鐵グループの一員として、鋼管、鋼材、土木加工製品、建築加工製品の販売を開始。
1980年(昭和55年)
5月
土木加工製品の拡販を推進するため東京都知事の建設業許可を取得。以降、官公庁および民間土木建設関連工事を手掛ける。
1986年(昭和61年)
7月
経営基盤強化のため、日鐵建材工業(株)及び多摩鋼管工事(株)(現・日鐵住金鋼管(株))の資本参加を得て、名実共に新日鐵グループの企業となる。
1999年(平成11年)
10月
業容拡大のため、倍額増資し新日本製鐵(株)並びに日鐵建材工業(株)の連結子会社となる。
2005年(平成17年)
1月
新規分野のニーズに対応するため、土木工事業、塗装工事業、建築工事業の建設業許可を追加取得。
2012年(平成24年)
3月
 日鐵住金建材(株)の土木商品商権維持を目的に、東商事建材販売(株)と事業統合。